« 釣り人集合モノマネ忘年会 | トップページ | 記憶にない忘年会!? »

2006年12月22日 (金)

世界最速のインディアン

来春公開の映画「世界最速のインディアン」で使われたインディアンを見に行ってきました。そこでラッキーなことに、製作に監督・脚本・製作のロジャー・ドナルドソンさんに会う事が出来ました。122201 122202






ロジャーさんは映画に使用したレプリカの詳細まで理解している(ケースはインディアンなんだけどクランク・コンロッド・ピストンはハーレーのモノを使って作り上げたそうな・・・)マニアックな方でしたよ!122203_1 122204_1






バイク好きは当然、モータースポーツファンはあたりまえ、むしろ女性に見てもらいたい最高の映画でした。なぜ女性が?って、この映画は「オトコってこういう生き物なんだ」って教えてくれるからです。。。劇場公開が待ち遠しいです。
PS 最近携帯のカメラの調子が最悪で、こんな時も最低の画像しか取れません(涙)買い換えるかなぁ・・・。

※「世界最速のインディアン」
解説: 60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた感動の人間ドラマ。誰にも期待されていなかった年老いたライダーが、世界最速記録を更新するまでの紆余曲折をユーモアたっぷりに見せる。『ハンニバル』などの名優アンソニー・ホプキンスが、風変わりだが愛すべき老人を含蓄のある演技で堂々と演じている。夢を追い続けることの素晴らしさや、人生を楽しむコツが随所に散りばめられている。
ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で世界記録に挑戦すること。年金暮しの彼は倹約に励み、隣家の少年(アーロン・マーフィー)の協力も得て廃品を利用してバイクの改良を試みるが、なかなか渡航費まで手が届かない。(シネマトゥデイ)(ヤフーより抜粋)

|

« 釣り人集合モノマネ忘年会 | トップページ | 記憶にない忘年会!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣り人集合モノマネ忘年会 | トップページ | 記憶にない忘年会!? »