« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月20日 (水)

ルマンへの道~鈴鹿テスト始まる

いよいよ、ルマンに向けて本格的なテストが鈴鹿で始まりました。
ドライバーは予定通り、高橋一穂オーナー、エースの加藤寛規、ミスタールマンこと寺田陽次郎さんです。
今日は30分のセッションが3回のみですが、明日は午前9時から夕方の5時までみっちり走りこみます。今日のタイムは1分50秒ほどですが、今のところトラブルもなく順調にセッティングを進めています。
↓高橋オーナー、エース加藤、そしてミスタールマン!022001 022002 022003 022004






↓パワーユニットは無限/快調にラップを重ねる022005 022006

| | コメント (7)

2008年2月17日 (日)

カーボングリップを巡る事件!?

ムーンクラフトでは2000年から、マニア用のグッズとしてスピニングリール用のカーボングリップを開発販売してきました。これは、超軽量のモノコック構造の拘りグッズで、シマノ、ダイワ用に4タイプを展開。またオーストラリアからオーダーがあり海外にも出荷しました。
http://www.bluewater.net.au/catalog/product_info.php?cPath=21_209_395&products_id=500021701_2 021702_6 021703_4







と、コアなマニア向けの商品だったのですが・・・。

先週末(2月7~9日)に行われたフィッシングショーのシマノのブースで凄いもの発見!
http://fishing.shimano.co.jp/product/3d/top.html
STELLA SW5000PGをご覧あれ! 完全にパクラレマシタ。
知らん顔して係員から商品説明を受けたら、構造まで全く同じようです。確かに僕は中の見える画像も発表してたからね。
ムーンクラフトのカーボングリップは知ってますか?と聞いたら、「当然知ってます。でもムーンクラフトの技術では量産できません!」と、よけいなお世話な説明までしてくれました(笑)
いやはや、流石「シマノ」さんですね~。でも、黙ってマネをするくらいなら、声を掛けてくれればムーンクラフトも量産にチャレンジしたのになぁって、寂しい気持ちになったよ。
まあ、シマノのようなメジャーブランドがマネをするほど、いいものだったって事だからね。
せめてもの救いは、東南アジア製と思われるシマノのそれは、ムーンクラフト製に比べたら遥かにクオリティーが低かったって事かな。

 

| | コメント (3)

2008年2月16日 (土)

究極のドライビングコンピューター

僕のプリウスに究極のドライビングコンピューターを装着しました。
世の中には凄い人がいるもんですね。それは「張果老」さんと言う、多分千年は生きているのではと言うプリウス仙人なのです。詳しくは「張果老」さんのホームページをご覧下さいな。
http://khb00465.atnifty.com/
その仙人に「燃費監督MS-1」を取り付けてもらいましたぁ。021601 021602






ついでと言っちゃなんですが、あと付けで「クルーズコンピューター」も装着しましたよ。クルコンって、あとからでも付くんですね!。当然デーラーじゃやってくれませんが・・・。021603 021604







やりました! 僕のプリウスのモニターに燦然と輝く「燃費監督」の画面!
プリウスの中身が全部見えちゃう感じの、凄いヤツです。当然オリジナルの画面は全て生きてますよ。
これを装着したので、僕のプリちゃんも燃費が良くなるぞ~!! って、燃費改善オカルトグッズを装着したような勘違いをしている私なのでしたぁ(笑) あとはひたすらドライビングスキルを磨くのみです。021605

| | コメント (5)

2008年2月15日 (金)

日本の名レース100選

発売中の「日本の名レース100選 '79富士300キロ」に僕のインタビューが載っていますので、立ち読みじゃなく、ぜひ買って読んで見てください! 1979年というとGCレース華やかなりし頃ですね。ちゃっかりと青プリも登場しています。021501 021502 021503 021504 021505

| | コメント (4)

2008年2月14日 (木)

黒プリ出展案内です

いろいろ忙しくてブログ更新が滞っていてすみません。
レイズさんの黒プリが下記のスケジュールでショーに参加します。関東で見る事が出来なかった皆さんは、是非是非見に行ってくださいね!

 2月15日~17日 福岡オートサロン
 3月 7日~ 9日 名古屋オートトレンドショー021401_2 021402_2 021403_2   

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »