« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

eCOMOTION欧州版

先日紹介したヨコハマタイヤの冊子「eCOMOTION」日本版に続いて欧州版が届きました。

日本版では「自らデザインした“エアロプリウス”を操るレーシングカーデザイナー由良拓也氏」だったタイトルが、欧州版では「Takuya Yura, Designer of the "Aero Prius",chooses the "dB super E-Spec."」ってなってました。

日本版ではタイトルに出ていなかった商品名をズバっと出すあたりに、お国柄というか文化の違いを感じるよね。00 








01_202

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土)

スーパーGT開幕!

いよいよ今年もスーパーGTが開幕です。
おなじみ解説陣は昨年と同じメンバーです。左からピットレポーターのいつも可愛い一戸恵梨子ちゃん、解説のドスケベ松浦孝亮クン(昨年の最終戦の時、もうここに戻って来ちゃダメだよ!と言ったんだけど、このご時世で・・・) ネタの宝庫、絶叫の下田恒幸アナ、アルツの進んだ私、ピットレポーターは失語症の高橋二朗さんでお送りします。032101







いよいよ今年最初のコースインです。緊張しますね!
032102






09モデルの紫電の空力パッケージは、ブログでも話題になった、フロントフェンダーにルーバー追加。そして、新しい3D翼端板ですね!032103
032104






今年話題のニューカマー達です。
  aprからエントリーのカローラアクシオです。凄く楽しいスタイリングですが、日本にはGTレースに出るベースの車両が(トヨタ・ホンダに)無いので、今後はこの道しか無いのかな?僕もこういうの作りたいっすね♪
032105032106






500クラスにはアストンマーチンが出てきました。カッコイイですね~。日本のカーデザイナーにはクルマのかっこ良さってモノをもう一度勉強して欲しいですね。。。
032107032108_2






ダイシンは、昨年最終戦の嫌な思いを吹っ切るため?ニッサンと決別してFIA仕様のフェラーリで参加。これがまたケッコウ早いんだ!予選は6位で紫電のお隣に並んでいます。
032109






予選開始前に、メインスタンド裏のJスポーツブースで高橋二郎さんとトークショーをしました。話はもっぱら、今シーズンの新レギュレーションの説明と、レースの展開予想です。予選前にベストオーバーテーク賞の予想は?と聞かれたのは辛かった(笑)
予選順位が決まっていないのに、オーバーテークの予想は無理?今ならロッテラーかな?って、言えますが・・・。032110 032111







紫電の予選結果は・・・スーパーラップに進出しましたが、5位と言う結果でした。得意のセクター1はベストタイムだったものの、後半伸び悩みました。でも、まあまあのポジションでしょう。032112 032113







さてここから、今シーズンが始まります。
ご期待のほど! 今シーズンも応援、よろしくお願いいたします。

| | コメント (9)

2009年3月20日 (金)

ROCKST★R

今夜、GTの開幕戦で岡山に入りました。
町で初めて見つけました。「ROCKST★R(ロックスター)」 そう、今年の童夢NSXのスポンサーですね。ほとんど、レッドブルって感じでした。
http://www.rockstarenergy.jp/

032001

| | コメント (2)

2009年3月16日 (月)

eCOMOTION日本語版

1月29日のブログでヨコハマタイヤの冊子「eCOMOTION」取材風景を紹介しましたが、日本語版が完成しました。

僕のプリウスは6月に、新型プリウスとの併走で燃費チャレンジを計画中です♪Ecobook_01 Ecobook_02

| | コメント (6)

2009年3月13日 (金)

ボートショー2009

今年もパシフィコ横浜で「ボートショー」が開かれています。
http://www.marine-jbia.or.jp/boatshow2009/

僕も、ボートジャーナリスト?の一人として(現在は自動車関係の雑誌に連載をもっていないんです)行ってきました。031301






関係ないことですが、このイラストは酷いですね~!なんかどこかの巨匠と言われる書道家に頼んだのかな?それとも子供の落書き?  とても恥ずかしいパンフレットデザインで、思わず笑っちゃいました。

さて、今年から「ボートオブザイヤー」なるものが始まり、僕も審査委員の一人として参加しました。審査結果はなかなか興味深く、トヨタ・ヤマハ・イギリスのサンシーカー・アメリカのシーレーの激戦になりました。

↓トヨタポ-ナム28L/ヤマハ・イクザルト45コンバーチブル031302 031303






↓サンシーカー・マンハッタン60(イギリス)(店長一押しの一艇です!)/シーレー380サンダンサー(アメリカ)031304 031305






第1回投票で、トヨタとシーレーが同点、決戦投票の結果、トヨタポ-ナム28Lが、2票差(12対10)という小差で大賞に選ばれました。画像は表彰されるトヨタマリンの関係者。031306









最終的に最新テクノロジーのハイテク満載に個性的なデザインのアメリカ艇に対し、カーデザインぽいスタイリングと販売企画力のトヨタの勝利って感じかな?僕はどちらに投票したか?は想像にお任せです。(って、分かりますよね(笑))

会場にはラジコンボートクラブの展示コーナーがあり、とても興味を引かれましたよ!
中でも、ローボートのデモンストレーションには笑えました!水槽の中をあっちにこっちに、とてもうまくこいで走り回っていました。031307 031308







ボートショー会場で毎年お目にかかる、大先輩、堀内浩太郎さん。今年は無免許で乗れる2馬力エンジンの高速ボート(10ノット(約20km/h))を展示していました。
堀内さんはヤマハのマリン部門をここまでにした重鎮、元舟艇事業部のボスです。031309









僕が手に持っているのは、エンジンチューナー、「ケンマツウラエンジニアリング」が出品しているカジキ用の大型リールです。本体はオールチタン、スプール(糸巻き)はカーボンコンポジット!のスペシャルです。
ケンマツウラエンジニアリングはチタンの加工技術に優れ、レース用のコンロッドなどを製作していますが、チタンのゴルフクラブも有名ですね。031310 031311







って、ボートショーの紹介で、ボートを紹介しないブログも珍しい???

| | コメント (3)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »