« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月22日 (日)

トヨタF1ラストラン

今日はフジスピードウエイでTMSF(トヨタモータースポーツフェスティバル)が行われました。
112201
今年活躍したトヨタのマシンとドラーバーが終結、壮観ですね!
112202 112203 112204
今日がトヨタF1のラストランとあって、ファンの人たちはケッコウ感傷的になっていましたよ。
112205 
マシンは新旧合わせて6台も集合していました!
112206 112207
走行が終わって、小林可夢偉、中嶋一貴の両選手がファンに感謝のコメント。二人の今後はどうなるのでしょう?
112208
夕方の走行が終わりピットイン、いよいよこれが見納め?
112209 112210
スタンドには日の丸トゥルーリのイタリア国旗が。そしてリアウイングにはスタッフのF1に参加して来たことのへの感謝の気持ちが・・・。
112211 112212
最後の記念写真。特製のケーキを持って、ハイポーズ。
112213 112214
さて、華やかなF1フィナーレとは離れた、パドックの片隅にひっそりと佇むテントがあります。
112215
なんか、「君が代」演奏なんて書いてあります!?。 そうなんです、エンジンの排気音の回転ごとの周波数を管理して音楽を奏でる企画です!
112216 112217
データーを見せてもらいましたが、けっこう大変な事をやっていますね!
4000rpm~10000rpm位の領域を使っているようです。
112218
FNはフライバイワイヤー化されていないので、こんなアナログなアクチュエーターを装着してアクセルワイヤーを動かします。はたして、旨くできるんでしょうか??? ぜひ自分の耳で確かめてください。

君が代サウンド(動画 61.4MB)
(ちょっと容量が大きいので、右クリックして「対象をファイルに保存」でパソコンに保存してから再生してください)

112219
ちなみにTOYOTA F1も排気音演奏をやっていましたが、こちらはフライバイワイヤーなので、ECUの暖気モードに回転制御メニューをセットアップすれば簡単に音楽を奏でる事ができるそうです。。。

| | コメント (1)

2009年11月 9日 (月)

スーパーGT最終戦決勝日

ようやく御殿場に辿り着きました。午後5時過ぎにクルマに乗りましたが、サーキットを出るのに1時間、水戸インターまで1時間半! 常磐道がひどい渋滞のようなのでインター周辺で夕飯、それでもまだひどい渋滞で御殿場着12時半! 7時間の旅でした。モテギは遠いなぁ・・・。

あ~ぁ、紫電の今年も終わっちゃった・・・。
苦節4年、毎年チャンピオン争いに絡みながら、なかなか達成できませんね(涙)
今回はエキパイがすっ飛んで、鬼パワーダウン、更にカウル内部で火災の恐れ大という事で走行を止めたそうです。やれやれ。

今日は3万5千人の入場者だとか。主催者は昨年よりダウンと言ってますが、どうやって見ても過去最高の入場者で賑わっているように見えました。下世話な話ですが、いっぱいお客さんが入ったことになると、GTAへの分配金が増えることを気にしているのかな?(苦笑)
さて、今回の出演者顔出しの収録は、NSXラストラン記念展示ブース前で行いました。
P1100813
いつもの下田アナ、僕、福山さんです。
P1100816
今日が今年最後になるので、解説コンビの福山さんと記念撮影です。
P1100820
紫電のピットに、K-1MAXのニューファイター日菜太選手(右)が応援に来てくれました。彼は魔裟斗選手の引退後を背負って立つ若きエースなんですよ!
P1100829
スタート前に、放送席のカメラ(プロデューサーさんが解説陣が真面目にやっているか目を光らせている監視カメラ〈笑〉)にポーズして、モニターに映った画像を撮るハイレベルな画像(思わず福山さん苦笑)
P1100830
戦いすんで・・・安堵の放送席です。今年もお世話になりました。来年も?よろしくおねがいしま~す!
P1100831 P1100832
表彰式が終わる頃はすっかり暗くなってしまいました。それでも多くのファンの方々は残っていますね。モテギの放送席はこんなに高い所にあるんです。

| | コメント (4)

2009年11月 7日 (土)

スーパーGT最終戦予選日

いよいよ激闘のスーパーGTも最終戦モテギ大会になりました。
紫電は、前回のオートポリスを落としてしまったので、自力チャンピオンの道は絶たれてしまいました。
P1100793
しかも、今回の予選では、なななんと、名手加藤選手がQ2敗退で11位という結果!
まあ、これは仕方ない事ですが、レースは薄い可能性に最後の望みをかけて頑張ります。
P1100795 P1100799
恒例のキッズウォークには、いつものように沢山のお客様が見え、二人のドライバーはファンサービスに大健闘です。
P1100792
今回の放送席はいつもの島田アナ、福山さんと僕の布陣です。あっという間の1年間でしたが、最後のレースを熱く解説しま~す♪
P1100806
掲載紙としても紹介した《RC WORLD》 12月号の表紙を飾った「ロイスRM-1」のラジコンを、モデルになった国さんにプレゼントしました。
国さんは、「わ~懐かしい!自宅の応接に飾ろう」とおっしゃってくれました♪

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

ボートも風洞実験

パーフェクトボート誌に紹介された、模型によるディフューザー開発です。後方で巻き上げたしぶきがキャビン内に入ってくるのを防ぎます。

キャプションには「ムーンクラフト製作1/16クレイモデルは風洞実験のあと、このように忠実にカラーリングして仕上げた。クレイモデルのみの製作販売も行う」って書いてあります。

ムンクラはクルマだけじゃなくいろいろやってます。
20091107105735_00001 20091107105735_00002 20091107105735_00003

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

ASET 2009

先日もご案内しましたが、東京国際航空宇宙産業展2009(ASET 2009)が始まりました。
100202
 開催日:11月4~6日
 http://www.tokyoaerospace.com/

この展示会は日本の航空宇宙関連産業の技術の高度化と振興を目的とした、東京都と東京ビッグサイトが主催するもので、今回が初開催です。
110501 110502
当然のように航空大手さんのブースは立派です。川崎重工、IHI、富士重工etc.
110503
最大手の三菱重工のブースは立派ですね! おっと、その前にムンクラの行灯が・・・そうなんです。ムンクラの場所は、なんと三菱重工の向かい! 超ハズカシイです。。。
110504 110505 110506
みなさん、企業って感じで出展していますが、我々は学生の文化祭って感じです(汗)
ブースも企画のモノを一切使わず、全て手作り(笑) アンタ達、なんでここに居るの?状態です。
でも、ある意味で新鮮なのか、来客はカナリ多く賑わっています。新しい仕事のきっかけが生まれれば大成功?なんですが・・・。
110507
学生のコーナーも有ります。各大学、専門学校も頑張っていますね!
110508
海外からの出展も多数ありますね。ここはロシアンヘリコプター社。
110509 110510 110511
けっこう興味深いのが在日米軍のブース。簡単にケースに収まってしまう無人偵察機「Scan Eagle」エンジンはどう見ても日本の某模型メーカーのモノ?ココム違反だったりして(笑)これ、よく出来ていてカッコイイです。

| | コメント (1)

2009年11月 3日 (火)

メルセデスを堪能

今日は御殿場の「ミュゼオ御殿場」でフランクフルトモーターショーで発表された「Mercedes-Benz SLS AMG」のお披露目会がありました。本来、東京モーターショーに展示って感じなのでしょうが、不参加だったので特別な機会を設けたようです。
さて、駐車場にクルマ(もちろんユラプリ)を止めたところから、スンゴイムードに圧倒されます!
110301 110302
お~SLR McLarenが止まっていると思えば、こっちはパナメーラですね!
110303
芝生の庭でゆっくり観賞できるので、モーターショーより良かったですね。
110304 110305
既に購入を決めたお客さんが、園内を試乗です。やっぱり買わんと乗れんわな・・・。
110306
フロントミッドシップとトランスアクスルのおかげでグッドバランスの予感!ガルウィングはミーハーチックでいいですね。これって立体駐車場ではどうするんだろう?なんて庶民的なこと思ったけど、こんな幅の広いクルマはもともとエレベーターの籠には載らないね(笑)
110307
驚いたのは、この窓にはレインレールが無いんだよ!雨の日は開けられないなんて、庶民的なこと思ったけど、エアコンにETCで窓を開けるケースは極端に減ったんだね。
110308
さて、会場には本家の300SLも展示されています。
がしかし、僕の釣りの友人で300SLオーナーのオーナーでもあるK/Sさんは、なんと愛知県のご自宅から自らのSLで駆けつけました!
110309 110310
す、凄いコンディション。エンジンなんて新品のようだ!
110311 110312
最近のレーシングカーではクイックリリースのステアリングは当たり前なんですが、1950年代にこんな凝ったメカニズムを商品化したメルセデスは本当に凄いね。
110313
うーん、実物が凄すぎてSLS AMGが霞みますね。 SLSはSLSで、よく出来ていて、別にオマージュする必要も無かったのかな?って感じがしましたよ。
110314
お次は、SLR McLarenです。 こちらは、試乗車まで用意をされていたし、乗って来た方もいたりと、会場に5台も揃っている凄い環境になっていました。
110315 110316 110317
オールカーボンのボディーワークは、軽量高剛性を生かしてこんなドアーの開閉を実現しています。なんと言ってもAピラーを利用したドアヒンジがダイナミックです。
110318 110319 110320 110321
ボンネットの開き方も凄いね!一旦前へせり出してから開けるんだけど、剛性があって、軽いカーボン製ならではのコンストラクションだね!
110322
エンジンはV6ほどしか見えず、残りの半分はフロントウインドウの下に食い込んでいます!
110323
室内を見ても、これ見よがしにカーボン地は使っていないですね。
110324
トランクルームの中に見えているインナーフェンダーにカーボン地を見ることが出来ました!
110325 110326 110327
細部のディティールにも拘りが伺えますね~。これがトドメ、究極のF/Rロードゴーイングマシンですね。

やれやれ、凄いお披露目会でした。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

RC WORLD

掲載誌の紹介です。

「RC WORLD」09年12月号(枻出版社)の特集「次はスポーツカーボディーがくる!」で、ムンクラの風洞設備を使ってスポーツカーボディーの空力特性を検証しています。

8月号で計測したFC103 Cタイプボディーとの比較や、RoyceRM-1、ポルシェP962/C、77紫電の3タイプのボディーを実験して、それぞれの傾向や特性を解説しています。

ラジコンに興味のある方はもちろん、そうでないレースファンもぜひ一読を。懐かしいグラチャンやグループCカーの空力がわかりますよ。
20091102105322_00001 20091102105322_00002 20091102105322_00003 20091102105322_00004

| | コメント (1)

2009年11月 1日 (日)

トークショー

今日は子紫電が展示されている「おかざき世界子ども美術博物館」で開かれている「のりものワンダーランド」(10月31日~2010年1月11日まで)でトークイベントを行いました。
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/ka141.htm

お相手はモーターマガジン社の清水さんです。
清水さんは開催中の「東京モーターショー」に展示されているエコカーの説明や、カーオブザイヤー30年の歴史について、僕は子紫電の出来るまでの話をしました。
P1100612 P1100615
「おかざき世界子ども美術博物館」は、大人も子どもも無料で一日楽しめるなかなか素敵なところでした。でも、肝心の子紫電の展示風景を撮り忘れてしまいました(汗)

| | コメント (4)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »