« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月29日 (金)

neoタービン完成!

AEROPRIUS YURASTYLE-neo用のホイールカバー“neoタービン”が完成しました!
これから、きちんと写真を撮るんだけど、あまりにカッコイイので(自画自賛!)ちょこっと見せちゃいます♪

R0010967 R0010963
これは15インチ仕様でセンターのディスクがシルバー、フィンがブラックという構成。ドライカーボン成型の超高級品です(笑)現在、17インチ用も製作中です。

まぁ、これはショーモデルなので、販売用にはFRPの普及版を作らないといけないですね。

| | コメント (5)

2010年10月27日 (水)

スーパーGT最終戦モテギ

今年もアッと言う間に最終戦になってしまいました。

102701 102702
チャンピオン争いも、思わぬ伏兵?(ハセミさんごめんなさい)にサラワレタ感じでしたね! 500も300も富士が中止になったことが大きく影響したようです。
我々の今シーズンは、大きな期待を抱かせつつも、ツキに見放された感じでした。また、来シーズン仕切り直しです。。。みなさま、ご声援ありがとうございました。

さてさて、いつもの放送席レポートです。

102703
モテギの放送席は「見晴らし台のお座敷」仕様です。

102704
モニター2台に500と300のラップ、進行台本に、今までのリザルトなどが並びます。

102705
隣の部屋は・・・おっと「ピエール北川」さんと目が合いました!(笑)

102706
珍しく、まだ壊れていない、真面目な表情の下田アナとADの白井さんです。

102707
やっぱり壊れた下田アナ!と今回のゲスト解説は飯田章君です。アキラ君とは、チークニ時代からの付き合いがあるので、走りとメカニカルの最高のコンビが組めます!

102708
で、“手に汗握る”レースも終了!
お疲れ様でした。

SGTは、あと賞金の出るスプリントカップが残っていますが、これも難関ですね!?
いつも巧みなストラテジーを駆使して、終わってみれば表彰台!の紫電にとっては、苦手なFSWでさらにスプリントでは打つ手なし!ということで期待はできませんが(苦笑)

| | コメント (4)

2010年10月20日 (水)

AEROPRIUS YURASTYLE-neo完成

Cd 0.24!!のスーパーエアロ登場(当社風洞実験値)

102001_2  完成!

102002 102003 102004 102005
ムーンクラフト広報車は、アイスバーグシルバーにオレンジのneoストライプをあしらったお洒落ないでたちです♪

●ロワーマスク
ラジエーターの流入空気量を制御して、ドラッグを大きく減少させます。
また、下端のチンスポイラーはラウンドしたアンダーボディーと一体にデザインされ、リフトを抑えて、快適な操縦性に貢献します。

●neoルーバー
102006
ナントいっても今回の売りは、このロワーマスクと“neoルーバー”です!

102007 102008
ロワーマスクに、オプションで装着されるアルミ製の自動開閉ルーバー

≪neoルーバー≫作動の動画はYoutubeでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=ZJgHBLn6d9U

あの「燃費監督」の張果老氏のソフト開発協力を得て完成!
スラントノーズ・インナーシュラウド・ロワーマスクと組む合わせれば理想の水温を維持しながら、最大限の空気抵抗低減に貢献するスーパーエアロアイテムです。
エンジンの水温に合わせてオートマチックに開閉する機能があり、室内に4つのモードを切り替えるロータリースイッチを設けています。

102009
室内のロータリースイッチ

1)全閉モード
 水温・エンジンON/OFFにかかわらず、グリル全閉状態。
2)水温オートモード
 エンジン冷却水の温度に応じてグリルを自動開閉します。77℃以下は全閉、90℃以上で全開、77~90℃の間は温度に応じて開閉角度が変わります。
3)水温オート+エンジンON/OFFモード
 エンジン冷却水の温度とエンジンのON/OFFに応じてグリルを自動開閉します。開く角度は水温に応じて変わります。
4)全開モード
 水温・エンジンON/OFFにかかわらず、グリルを全開状態。

●neoミラー
102010
レーシングカー開発の長い経験から生まれた、30PRIUS専用の超低ドラッグバックミラー。

流線型のミラーは、上面にボルテックスジェネレーターを採用し、ミラー後部の流れも整えます。 ミラー調整は非電動でコストを抑えていますが、LEDサイドターンシグナルはもちろん、可倒式なので車検対応なことは言うまでもありません。またデザインは小型ですが、ワイドレンズの採用で視野の問題はありません。
“neo”のドラッグ低減に大きく貢献しているエアロデザインのアイテムなんですよ!

102011 102012 
安全基準を満たす、可倒式になっています。
残念ながら、角度調整も、可倒も、イマドキ手動です(汗)

102013_2
保安基準を満たす、LEDのターンランプ内蔵になっているので、点灯時はUFOみたいでカッコイイです(自画自賛)。

●スラントノーズ
102014
アッパーグリルのエアインテークをカバーし、滑らかなスラントノーズを形成。
前方からボンネットに上ってくる空気の流れを下向きのインテークがすくい上げ、インバーターのコンデンサーを効率よく冷却するアイテム。純正TOYOTAエンブレムを使用するのでレーダークルーズにも対応します。
オレンジのneoストライプとロゴがアクセントになります。

●フェンダートリム
102015
いままでなかった新アイテム、フェンダートリム。
一般にフロントフェンダーオープニングは、チェーン装着を考慮して大きく作られています。フェンダートリムはフェンダー内部の空気を積極的に開放しながら、後方への空気の流れを整える、新しい発想のエアロアイテムです。

●neoタービン (ホイールカバー)
102016
今回は暫定的なホイル&カバーが装着されていますが、今月末には、プリウス専用の超ライトホイール、TWS Airverde 15in6J ウエイト4.06㎏!に専用設計した“neoタービン”ホイールカバーを発表しますのでお楽しみに!

●neoスパッツ
102017 102018
20型YURASTYLE以来、すっかりお馴染みになったエアロアイテムです。
ボディーサイドの空気流を整え、空気抵抗低減のみならず、リアのリフトも抑えてくれる優れものです。20型では、サイドステップ・リアバンパーと一体になっていたのですが、neoでは独立したパーツとして気軽に入手できるように考えました。取付けはホイールハウス内に専用ブラケットを設けているので、ボディーには一切の加工が不要で、脱着も小ネジ4本で簡単にできます。
また、ハーフカバーでもフルカバーと同等の空力性能を引き出しているので、タイヤのエアチェックが楽になりました。

●neoウイング
102019
サイドまで回り込んだウイングレットタイプのリアスポイラー。
ややリフト気味のオリジナルスポイラーの空力特性を、ゼロリフトに抑えてドラッグ低減に貢献します。上面にはスリップアングルが付いたときに渦を発生させて効力を減衰させないフィンがデザインされています。
オリジナルのリアスポイラーにかぶせて装着するので、ハイマウントブレーキランプはそのまま生かせます。

●サイドエアカッター
102020
YURASTYLEneoが世界に先駆けて採用した新アイテム。
リアスポイラーと言えばボディー上面の空気を制御するアイテムですが、これはボディーサイド後端の空気流を整えてドラッグを減らす小さな力持ちアイテムで、特にスパッツ未装着時に効果を発揮します。

今回は以上ですが、今後もムーンクラフトならではの、空気を生かした燃費グッズを開発していきますので、お楽しみに!

| | コメント (9)

2010年10月17日 (日)

祝!エコカーカップデビューウィン!

ついに“YURASTYLE-neo”がデビューしました!

101701 101702
どうです、なかなか精悍なスタイルでしょ!?
詳細の発表は、後日行うとして、今回は10月16日に富士スピードウェイ・ショートコースで行われた「エコカーカップ」のレポートです。
前日の午前2時まで掛かってようやく完成したneoですが、練習走行での感触はいい感じです♪

101703
イベント前の記念写真撮り。CR-Z、YURASTYLE-neo、DOMEインサイトです。
DOMEインサイトは出来る限りのカーボン化で100㎏もの軽量化がされているそうな!

101704 101705
“YURASTYLE-neo”を応援してくれているのは20型の時から引き続き“山口トヨペット”さん、「ヨコハマタイヤ」の“BlueEarth”と、いつもの“Microlon”です。

101706 101707
いよいよコースイン、タイムアタック担当は、日頃からFSWショートコースを走っている紫電チーフメカの松下君です。

101708 101709
“YURASTYLE-neo”はあくまで低燃費を目指したロードラッグカーなので、サーキットチャレンジが目的の開発じゃないんだけど、頑張って走って9位のグリッドでを獲得です。

101710 101711
エコカーカップは最後の給油量でレース結果が決まるので、途中のレースは、みなさんの駆け引きがあって、なかなか興味深い展開になります!???

101712
途中結果の推移は上がったり下がったり・・・・今回は全体的にレベルが上がっている感じで、最終給油量は50㎞レースやって3リットルあたりが勝敗の分かれ目かな?

101713 101714
パドックにはエコカーレースらしく、珍しい車が来ていました。
これは、EVカーの「テスラ・ロードスター」。EVカーって事以外まんま、ロータスエリーゼですね!? まだ、成熟していないジャンルらしく、EVだって事だけでも完売してしまうんですね? もう少しEVとしてのオリジナリティーを出して欲しかったですね。

101715
ガライヤでお馴染みの「apr」から出場した30プリウスのインテリア。シフトレバーがありません! プリウスならではの楽しいオリジナルモディファイですね!

101716_2
さて、最終結果です。
総合5位、30プリウスエキスパートクラス優勝です!
エアロを生かしきれないレースですが、十分な手ごたえを感じることができました。
給油量トップはなんと初期型インサイトの2.5リットル、2位はEX参加のプラグインハイブリッド2.6リットル。我々は2.7リットルで3位の給油量(プラグインを除けば2位!)それにDOMEインサイトが2.8リットルで続きました。

101717 101718
今回の総合トップがDOMEのスペシャルインサイトは当然としても、他のトップ2台が初代インサイトと言うのも面白い結果ですね。
neoの燃費が良いことは充分確認できましたが、エコカーカップででプリウス以外のクルマに勝利するには、レース走行の順位をあと少し上げないといけないですね。
次回はフルコースなので、neoの空気抵抗の少なさを生かせることができれば面白い事になるのかな?

101719
今回大活躍してくれた、ムーンクラフトカーズ・チーフメカニックの松下君と素晴らしい結果をたたえ、固い握手!

さあ、いよいよ“YURASTYLEneo”の販売開始のためのラストスパートです。

| | コメント (8)

2010年10月15日 (金)

ユラプリneoデビュー前夜

明日はエコカーカップ。いよいよ30型“AEROPRIUS YURASTYLE neo”がデビューします。現在、最後の仕上げ中です!

2010101515180000 2010101515310000

| | コメント (2)

2010年10月14日 (木)

カスタムピープル

バイクの雑誌、月刊「カスタムピープル」(2010年12月号)の紹介です。
「異業種デザイナーが語るドレスアップの方向性とは?」という企画記事で、僕のバイクカスタムに対する考えなどを語ってます。

興味のある方は、本屋さんで探してみてください。左のBOOKSからアマゾンで購入することもできます。

20101014092947_00001 20101014092947_00002
20101014092947_00003

| | コメント (1)

2010年10月 7日 (木)

ハイブリッド車でサーキットを走ろう

来る10月16日は、富士スピードウエイで「エコカーカップ第2戦」が開催されますが、ここが“PRIUS YURASTYLE-neo”のデビューになります♪
現在最後の追い込みで、詳細のデーターを作成中! 風洞実験の結果ももうすぐ発表します。素晴らしい性能ですよ!お楽しみに。

100701

さて、ここのところのエコブームで「エコカーカップ」以外にもサーキットで行われるエコカーイベントが増えてきました。

そこで、トヨタのGazoo Racingが企画するイベントを紹介しましょう。
このイベントは、サーキットを走ったことがない方でも、気軽にサーキット走行が体験できるもので、今後も継続的に開催していく予定だそうです。

内容は、以下の2種類のプログラムで構成されています。

①ハイブリッドチャレンジ
基準時間内で、規定周回数を走行した際の燃費を競う競技。
基準時間に対する過不足に応じてペナルティを加算。

②サーキットチャレンジ
先導車の後についてサーキットを走行しながら、走行の基本的な
ライン取りを学び、サーキットを走る楽しさを体感できる。

①は、従来、トヨタの販売店対抗のプリウスカップとして開催してきたものを一般のユーザー向けに開催するもので、3月にも1度、富士スピードウェイにて開催したことがあります。富士スピードウェイ主催のエコカーカップに比べると、初めての方でも気軽にご参加できる内容だと思います。

同イベントは、11月2日(火)開催のSUGOを皮切りに年内に4回開催予定です。

11月 2日(火) スポーツランドSUGO(宮城県)
12月 5日(日) セントラルサーキット(兵庫県)
12月12日(日) スパ西浦モーターパーク(愛知県)
12月19日(日) 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ(千葉県)

11月2日(火)の菅生は、開催が平日ということもあってか、まだ申し込みが少ないようです。興味のある方はいかがでしょう? 秋のサーキットランはほんとに気持ちがいいですよ。

(申し込みサイト)
http://gazoo.com/racing/event/hashiro_sugo/index.asp

100702

| | コメント (1)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »