« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

スーパーGT開幕!

いよいよ2012年のスーパーGTが、岡山国際サーキットで開幕します。
今年はGT300クラスにFIA GT-3の車両が大挙して参加します。紫電のJAFGTクラスもBR-Zとプリウス!が参戦。どんな戦いが繰り広げられるんでしょう!?

033101 033102
033103 033104
033105 033106
033107 033108
033109 033110
033111 033112
033113 033114

我々解説陣は、去年と同じ顔触れです。
左から、実況の下田アナ、解説の福山さん、ピットレポートは瀧口さんとお馴染みのジローさんです。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (4)

2012年3月25日 (日)

村松栄紀23回忌

昨日、村松栄紀君の23回忌が晴天の甲府で行われました。

01_2

いやはや、もう23年も経ってしまったんですね。
片山右京君や服部尚貴君などを始め、当時の顔ぶれと、お元気なご両親が一堂に会し、すっかり歳をとった我々と当時と変わらない笑顔の村松君の懐かしい昔話に花を咲かせました。
先日のレーシングオンで、久々に話題に上り、あらためて存在の大きさを感じています。

05 06

彼の功績に報いるためにも、モータースポーツの元気を取り戻さないといけませんね。

02_2

03

04

| | コメント (3)

2012年3月21日 (水)

今ごろ優勝報告

実は忙しさにかまけて、ブログでの報告をさぼっていましたが、2月に開催された冬のK4-GPで子紫電あーるが悲願の優勝を果たしました。途中、接触でウイングを失って、決して楽勝ではありませんでしたが、ようやく勝ててホッとしています。

その記事が、発売中のHOT-Kに掲載されています。

20120321194518_00002

20120321194518_00001

| | コメント (3)

2012年3月14日 (水)

富士を見おろす!

今日は出張で九州の大分に来ています。
んで、羽田から飛行機に乗ったんだけど、ぬわんと富士山の真上を飛んでくれました。頂上の火口の中まで見えたのにはびっくり!
いつも、下から見上げているばかりだったので、思わず写メしました♪
1 2_2
3

| | コメント (6)

2012年3月11日 (日)

1年前の記憶

お財布の奥から、昨年の3月11日を思い出すものがでてきました。
当日は東京・有明の「ゆりかもめ」乗車中に地震にあい、改札口を通過しないで外に出たので残っていたのですね。

あの日から、一年も経ったのですね。
あらためて震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りし、被災された方々の一日も早い復興を願っています。

R1105611

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

鈴鹿ファン感謝デー

《ボートショー》の翌日、鈴鹿に移動して《ファン感謝デー》に行きました。
今回の目玉は何と言っても、佐藤琢磨選手のフォーミュラニッポン出走ですね!
030601
多くのジャーナリストに囲まれながらの、ぶっつけ本番の初走行ですが、模擬レースではなんと2位に入賞。久々の日本のファンの前で、健在ぶりを見せていました。
今年は、フォーミュラーニッポンにスポット参戦するそうです。

030602
恒例のドリフト実演に場内が沸きます♪それにしてもスタンドは上段までお客さんであふれています!! F1以外ではなかなか見ることのできない嬉しい景色ですね。

030603_2
ピットにはフェラーリ、ロータス、ウイリアムスなどF1が出番を待っています♪

030604_2
昔懐かしいバイクも走ります。

030605_2
そんな中、未来のバイクも登場!無限のEVバイク≪神電≫登場です。
なんか紫電と兄弟のようなネーミングですね(笑)
このマシンで、今年のマン島TTレースに出場するそうです。
排気音の無いバイクがメインスタンド前を200㎞/h以上で駆け抜けた時は、場内に驚きのざわめきが・・・。

| | コメント (4)

2012年3月 5日 (月)

ボートショー2012

先週末は慌ただしく、横浜で開催された《ボートショー》と鈴鹿の《ファン感謝デー》のハシゴをしました。

《ジャパンインターナショナルボートショー2012》では、自分の大好きな船外機を中心に見てきました。

030501_3

030502 030503
日本のマリン業界の雄、YAMAHAさんは、相変わらず元気!毎回新艇を発表していますが、今回は新しいイメージの船外機クルーザーを発表。
一見、普通のインボード船のように見えますが、後部デッキの部屋が巧妙にエンジンを包み込んで、なんか生簀(いけす)でエンジンを飼っているみたいですね(笑)
でも船外機艇のコンプレックスを一蹴する新しいチャレンジですね!

030504 030505
030506_5
これは、僕の尊敬する堀内幸太郎先生の作品です。
全体が写ってないので、ちょっと分りにくいですが、免許のいらない2馬力船外機で、スピードに挑戦する、水中翼船です! DVDで、綺麗に滑走する姿が映っていますが、なんと2馬力で13ノット!(25㎞/h)も出ているそうです。
後部の船外機は固定で、前の水中翼で操舵する、自動車で言えばF/Rのような感覚ですね。 堀内先生、相変わらず冴えまくってます!!

030507 030508_3
030509_2
こちらはHONDAマリンさん
いよいよ発売の250馬力の船外機を2基搭載したパワーボートを展示しています。
3.6リットルV6のベースエンジンはエリシオンだとか!? このボートに面白い装置発見?

030510
コックピットのダッシュ上に、4本の黒い棒が出ているのは??走行中に左右エンジンのトリムやチルト(取付け角度や高さ)が一目で分る棒なんですって!
エンジンマウントからワイヤーでアナログなリンケージを張っているんですね?
〝御神籤(おみくじ)″みたいな楽しい装置ですね!

030511
SUZUKIさんは、300馬力の船外機だ!まるでレース用みたいなドライブ(水中部分)が魅力的なんだけど、僕が感心したのは2基掛けにした時に、普通は片方のエンジンを逆回転で使う為に専用エンジンと逆回転用のスクリューを用意するんですが(カウンターローテーションと言います)、このエンジンは、前進/後進のギアを同じクオリティーで製作し、反対側はバックで対応、スクリューのみの変更で済ませると言うアイディア!(ちょっと難しかったかなぁ?)に脱帽しました。

030512
ウレタン注入で、穴が開いても(「開いても」じゃないような気もしますが・・・)沈まないそうです。 災害用対策用に威力を発揮しそうですが、収納性が悪そうですね!?

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »