« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月17日 (金)

K4-GP富士1000km

報告が遅くなりましたが、真夏の恒例行事、K4-GP富士1000kmに参戦しました。
今年の「ゆらたく屋のおじさん達」チームは、子紫電はお休みにしてモークスポーツの1台体制。僕も久しぶりにモークをドライブしました。

ところが、僕が乗るとトラブルが出るというお決まりのパターンは健在でした。
前日の練習走行で謎のブレーキトラブルに見舞われ、原因を探ると左フロントハブがガタガタになっているのを発見。交換が必要なことが判明したのですが、どこのショップもお盆休みでどうにもなりません。

081701 081702

出場を諦めるのか?と思っていましたが、急きょ知り合いの仲間の家で眠っていたコケの生えたミニをパーツ取りに提供してもらえる事になり、小山町のお宅までローダーで取りに行き、ピットに運び込んでの移植手術となりました。
今年はお手伝いのメカニックがいないので、作業は僕一人。しっかり7時間の重労働でなんとか移植復元しました(笑)

決勝当日は、雨のなか番頭のドライブでスタート。
モークは改造車のRクラスですがラップタイムはクラス中最下位。ドライバーもロートルばっかりで、誇れるものはスーパーGT用の紫電のサインボードくらい。これは雨の中でも視認性は最高でした。

0817031 0817033

レースはずっと大雨、僕のドライブが始まってようやく天候は回復しはじめて、ラップタイムもどんどん良くなり始めた矢先、突然のエンジンストールに見舞われてプリウスコーナー手前でストップ。
タイミング的にもガス欠だと思い、予定の給油を済ませたけれど、何故かエンジンが掛かりません。ピットで一つ一つ原因を探って行くと、今度はイグニッションコイルのパンク。これも借りて来たミニのコイルが運良く生きていたので移植交換。

081704 081706

これで最後まで走れれば!?と願いましたが、そんなに甘くはありません。。。
ゴールまで3時間位のところで、今度はコース上でストップ。レッカーに吊られて戻って来たモークは、なんと左フロントハブトラブルの再発!今度はクルマを押しても動かないほどグズグズになってしまいました。

同じ所のトラブルなので、スペアパーツも無く、レースの残り時間も僅かなので、いよいよ万事休す!?リタイヤを覚悟しながら、とりあえずクルマを転がせるようにとバラシ始めたら、これが思っていたより軽症?もう一度べアリンググリスを入れ替えて組み上げて、騙し騙し走って見たらなんとか行けそう!♪という事で、なんとかゴールまで辿り着き、無事チェッカー。なんと決勝日も3時間のメカニック重労働を強いられたのでした。。。

081707 081708

オリンピックイヤーの今年は、その精神「参加することに意義がある」を実践して「ゆらたく屋のオジサン達」はしっかりレースを楽しみましたよ♪
でも、モークはさすがにトラブル続きで、来年はいよいよニューマシン導入でモークは引退か?といろんな意味でギリギリの判断を迫られる時が来ています。

| | コメント (3)

2012年8月 2日 (木)

菅生GT

iPhoneで撮った画像がパソコンの中で行方不明になってしまったので、アップが今頃になってしまいました(汗)
遅ればせながら、灼熱のGT菅生大会の画像です。紫電チームの雰囲気や放送席からの眺めをお楽しみください。

080201 080202 080203
080204 080205
由良デザインのiPhone caseなら望遠も使えるので、遠くのドクターヘリや、コントロールタワー、スタート前のチームの様子などをアップで撮ることが出来ますね。

080206_2 080207
080208_2 080209
080210 080211 080212
フィッシュアイは、スタート前の緊張した整備の様子などを伝えてくれます。
今回は、エンジンブロー、接触、etc……散々なレースでした(涙)
名手、加藤選手の接触時は、暫く言葉が出なかったと、また指摘されちゃいました(苦笑)

080213_2 080214
080215 080216
080217 080218_2
080219 080220
080221 080222
080223 080224
080225 080226
080227 080228
080229 080230 080231
080232

オマケの東京駅でのスナップです。
080233 080234
鳴り物入りで登場したE5系「はやて」だけど、「こまち」を繋げるんじゃ、売りの空力は意味無いような気がしますね(笑)

| | コメント (5)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »